業界ニュース

米国がフランスから注文した飛行機のマスクを「スナッチ」:空港で現金を払い、増加

2020-04-08

[フランスが注文した飛行機のマスクを米国が「奪った」:空港で現金を払い、運賃を引き上げ]


ロシアのテレビ局の4月1日のニュースと4月1日のフランスの「解放ニュース」によると、フランスのPACA地域評議会議長Muselliは、緊急保護装置のバッチが海外からフランスに出荷されようとしていたとき、米国の輸入業者は空港で直接支払い、価格を引き上げ、フランスが注文したマスクを盗みました。 Muselliは本日、ロシアのテレビに、PACAと他の地域が合計で約6000万枚のマスクを注文したと伝えました。ムセリ氏によると、これらのマスクは当初、4月2日の夕方にフランスに到着する予定でしたが、物流で予期しないトラブル、つまり、米国との友好的な競争に遭遇しました。 1日の朝、アメリカの輸入業者が空港で直接現金を支払い、価格を引き上げ、輸出業者からすべての商品を購入したことが報告されています。当初計画されていたフランスへの飛行は、その後米国へと飛んだ。フランスの日刊紙「解放」は、アメリカ人がスポットマスクの購入を試みており、他国への輸出業者の出荷を混乱させていると報告書でコメントしています。匿名の情報筋は、「彼らは商品を見る前に2倍の価格を支払うか、現金を使う」と述べた。